歌舞伎

八月納涼歌舞伎 七之助が変化うまく見せる=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3部制で1部の最初が「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」(長谷川伸作、坂東玉三郎・石川耕士演出)。ばくち好きだが、気性の良い半太郎を中車がすがすがしく演じた。手傷を負いながら政五郎(染五郎)に切々と語る女房お仲(七之助)への思いが聞かせる。七之助は絶望しての投げやりな態度から半太郎の情に触れて、目を開かされる場面の変化がうまく、病体ながら夫を気遣う様子が胸を打つ。染五郎に風格があり、芝のぶが好演。

 続いて勘太郎の愛らしい「玉兎(たまうさぎ)」、猿之助と勘九郎の息の合った「団子売」。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文628文字)

あわせて読みたい

注目の特集