メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原宿街づくり

小学生が発表会 渋谷区長ら聴き入る /東京

 行政と企業、NPOが協業し、小学生の力で原宿(渋谷区)の街を変える「ソーシャルキッズアクションプロジェクト Harajuku」の発表会(NPO法人「放課後NPOアフタースクール」など主催、東急不動産特別協賛、渋谷区など後援、セコムなど協力)が渋谷区内で開かれた。長谷部健区長をはじめ企業や地域住民ら約100人が小学生の発表に聴き入った。

     プロジェクトに参加したのは区在住の小学校高学年の児童12人。4回にわたる関係者らへのインタビューなどで街の課題を見つけ、解決策となるアイデアを各自でまとめた。

     落書きをしてもよい板を張った「落書きデパート」▽お年寄りも歩きやすい歩行者天国の復活▽季節感あふれるファッションイベント▽野菜畑付きで遅くまで開いているスーパー--など、さまざまな発表があった。長谷部区長は「大人がインスパイア(鼓舞)されるアイデアばかり。これからも期待しています」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
    3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
    4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
    5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]