福知山の花火大会屋台爆発

事故から4年 「花火 再開考えられない」 実行委、被害者救済第一に /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故発生から4年を迎え会見する花火大会実行委員会幹部=京都府福知山市中ノの市商工会館で、佐藤孝治撮影
事故発生から4年を迎え会見する花火大会実行委員会幹部=京都府福知山市中ノの市商工会館で、佐藤孝治撮影

 58人が死傷した福知山市の花火大会会場での露店爆発事故から4年となった15日、主催した大会実行委員会が会見し、花火大会の再開を「現状では考えられない」と、改めて否定した。また、現在進めている被害者救済について「最後の一人まで救済したい気持ちだ」と強調した。【佐藤孝治】

 福知山商工会議所や市などでつくる大会実行委員会は「事故の過失はあくまでも露店主」として、被害者救済を目的に治療費や休業補償などを支払ってきた。実行委によると、露店主(42…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集