メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍岩国基地

非戦闘員が退避訓練 北朝鮮と緊張高まる 住民団体「米軍逃げるのでは」 /山口

 米国と北朝鮮の威嚇の応酬で緊張が高まるなか米軍岩国基地(岩国市)で非戦闘員の退避訓練があり、岩国市や周防大島町の住民団体「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」は15日、「北朝鮮から攻撃されれば米軍は岩国基地から逃げてしまうのではないか」との見方を示した。桑原清・共同代表と久米慶典・顧問が岩国市役所で記者会見した。

 基地のホームページによると8、9の両日に軍属や非戦闘員らを対象に、基地から避難場所に出発するNEO(非戦闘員退避作戦)訓練を実施した。参加者は医療機関などのサービスを受けたり、航空機への搭乗手続きを取ったりした。訓練について「自然の災害などによる最悪のシナリオへの準備として岩国基地でしばしば実施される」「処理能力を改善するため3、4カ月ごとの実施が目標」としている。

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです