終戦の日

戦没者慰霊の踊り 眉山・パゴダ前で奉納 /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平和を願い、パゴダ前で奉納踊りを舞う無双連=徳島市眉山町で、蒲原明佳撮影
平和を願い、パゴダ前で奉納踊りを舞う無双連=徳島市眉山町で、蒲原明佳撮影

 終戦の日の15日、平和記念塔パゴダ(徳島市眉山町)で太平洋戦争の戦没者を慰霊する法要があった。県仏教会の僧侶がパゴダの祭壇で読経し、正午には広場で黙とうした。かつてビルマ(現ミャンマー)からの帰還者が連員だった無双連約60人は、奉納阿波踊りを舞って平和を誓った。

 パゴダは、激戦地からの帰還者でつくった県ビルマ会が戦友の冥福を祈るため、1958年に建立した。県出身戦死者のう…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集