メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

対話する高校生=中村秀明

 <sui-setsu>

 「びっくりして、そしてうれしくなりますよ」。そんな言葉に誘われ、さいたま市で今月上旬にあった高校生の集まりを取材した。 埼玉、栃木両県内の2年生を中心にした48人が3日間にわたってのぞんだ「高校生のための古典セミナー」だ。

 主催は日本アスペン研究所(東京都港区)。現代人は目先の利害や専門分野にとらわれ、全体像を見失いがちだという反省から米国で創設された。日本での設立は1998年。「古典」を教材に参加者が議論する形式のセミナーを、企業や官庁の幹部を対象にして開いている。

 その高校生版として2013年から地域の教育委員会や教師の協力を得て埼玉県で始まった。今年は奈良、岡…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです