メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

対話する高校生=中村秀明

 <sui-setsu>

 「びっくりして、そしてうれしくなりますよ」。そんな言葉に誘われ、さいたま市で今月上旬にあった高校生の集まりを取材した。 埼玉、栃木両県内の2年生を中心にした48人が3日間にわたってのぞんだ「高校生のための古典セミナー」だ。

 主催は日本アスペン研究所(東京都港区)。現代人は目先の利害や専門分野にとらわれ、全体像を見失いがちだという反省から米国で創設された。日本での設立は1998年。「古典」を教材に参加者が議論する形式のセミナーを、企業や官庁の幹部を対象にして開いている。

 その高校生版として2013年から地域の教育委員会や教師の協力を得て埼玉県で始まった。今年は奈良、岡…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです