メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

沖ノ島の世界遺産登録=大森顕浩(西部報道部学芸グループ)

世界遺産の登録が決まった沖ノ島。遺跡も自然も手つかずの島への上陸は原則禁止されている=福岡県宗像市沖で7月19日、本社ヘリから田鍋公也撮影

信仰の島、保存が第一

 「海の正倉院」と呼ばれる沖ノ島(福岡県宗像市)の信仰にちなんだ遺産からなる「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録が決まった。沖ノ島では航海安全や大陸との対外交流の成就を願う古代祭祀(さいし)が4~9世紀の500年間続けられ、その後も神聖な島として守られた点が評価された。だが沖ノ島の上陸は原則禁止だ。現地に行けない世界遺産をどう守り、価値をどう伝えるかが課題だ。そのためには沖ノ島の信仰を体感できるような情報発信が必要だと考える。

 沖ノ島は宗像市の沖合60キロの玄界灘にある孤島だ。宗像大社の祭神・宗像三女神を祭る三宮の一つ、沖津…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2074文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです