メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

光復節演説 文氏、日本の努力評価 日韓関係、徴用工「解決」にも言及

 【ソウル大貫智子】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日の「光復節」演説で、未来志向の日韓関係構築に向け日本の努力を評価する一方、植民地時代の徴用工問題解決に取り組む考えを示した。韓国政府はこれまで、徴用工問題は1965年の日韓国交正常化時に外交問題としては解決済みとの立場を示しており、一歩踏み込んだ。

 文氏は演説で「日本の多くの政治家や知識人は両国間の過去と日本の責任を直視しようと努力してきた」と一定の評価をしたうえで、首脳同士が頻繁に往来するシャトル外交をはじめ、交流拡大に意欲を示した。また、歴史問題と北朝鮮核問題などでの協力を切り離す「2トラック外交」を推進する考えを改めて示し、「歴史問題がきちんと解決される時、両国間の信頼が一層深まる」と日本に前向きな対応を促した。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです