メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道遺産

旧国鉄標津線のSLを駅跡に移動

クレーン車につり上げられ、引き込み線に据え付けられるSL。手前が転車台=北海道標津町で2017年8月6日、本間浩昭撮影

 北海道標津町に残る旧国鉄標津線の「鉄道遺産」を観光振興に生かそう。地元有志が町公民館前広場にあるC11型蒸気機関車(SL)を、根室標津駅跡地の引き込み線まで移動させた。鉄道マニアで町立標津中3年の和田真澄さん(14)も協力。駅跡地には機関車を人力で方向転換させた転車台が残っており、10月8日にSLを実際に乗せて回転させるイベントを開く。【本間浩昭】

 根室標津駅は1937(昭和12)年に全線開通した標津線の終着駅。「国後島の見える駅」として知られた…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです