夏の長雨

野菜価格上昇/海やプール閑古鳥…青息吐息

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
傘を差して信号待ちする人たち=東京都渋谷区で2017年8月16日午前9時51分、丸山博撮影
傘を差して信号待ちする人たち=東京都渋谷区で2017年8月16日午前9時51分、丸山博撮影

 8月に入ってから東日本の太平洋側を中心に雨が続き、日照不足で気温が低い天気となっている。東京都心は16日も雨が降り、16日連続の雨。8月では1977年の22日連続に次ぐ40年ぶりの長雨となった。海やプールといったレジャーの客足や農作物の生育にも影響が出ている。【山田奈緒、柳澤一男、小川祐希】

今月の東京都心、日照32時間

 気象庁によると、長雨や日照不足の原因は、日本列島南の太平洋高気圧の関東付近への張り出しが弱い一方で、オホーツク海の高気圧が強く、北東から冷たい風が吹き込んでいるため。7月に高気圧に覆われ、空梅雨だったのと対照的だ。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1064文字)

あわせて読みたい

ニュース特集