メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックカフェ

「在日」学び合おう「ヘイト」やまぬ今こそ

書籍約1000冊を集めたブックカフェの開設準備を進める在日コリアンの若者たち=大阪市天王寺区で2017年7月16日、三村政司撮影

 関西を拠点に活動する在日コリアンらの若者グループが近く、在日コリアンの歴史や朝鮮半島をテーマにした本を集めたブックカフェを大阪市内でオープンさせる。ヘイトスピーチ(憎悪表現)は今もなくならず、インターネット上でも偏見や誤解が根強い。メンバーは「まずは私たちを知ることから始めてほしい」と開設準備を急いでいる。【金志尚】

 ブックカフェの店名は「ちぇっちゃり」。韓国・朝鮮語で「チェッ」は本を、「チャリ」は場所を意味する。10~30代の若者でつくる「在日コリアン青年連合(KEY)」が、今春から計画を進めてきた。8月26日、JR鶴橋駅近くの大阪市天王寺区味原町のビル2階で開設予定。誰でも利用でき、ドリンク代は300円。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです