メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

オブロンが特許付与後グループ責任者を発表(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

オブロンが特許付与後グループ責任者を発表

AsiaNet 69646 (1205)

【アレクサンドリア(米バージニア州)2017年8月15日PR Newswire=共同通信JBN】Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, LLP(以下オブロン)は、同社のパートナー、W・トッド・ベーカー(W. Todd Baker)氏がPost-Grant Practice Group(特許付与後業務グループ)を率いることを発表する。彼は同社の特許付与後業務の成長持続と同グループの日常業務を管理する責任を負う。

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/545087/Oblon_W_Todd_Baker.jpg

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/490893/Oblon_Blue_ID_381fc5520996_Logo.jpg

オブロンのマネージングパートナー、ブラッド・リトル氏は「トッド(ベーカー氏)の名声はよく知られており、オブロンのこれまでの優位性と当事者間レビュー(IPR)手続きの継続的成長に不可欠の存在だった。彼は生来のリーダーであり、オブロンで多くの注目された特許付与後手続きの成功を指揮した」と語った。

ベーカー氏は特許権抵触問題での経験から、米特許商標庁(USPTO)での特許付与後審査に関する顧客への助言者としてこの上なく適任である。最近までAmerican Intellectual Property Law Association(米国知的所有権法律協会、AIPLA)理事会に属した知的所有権(IP)業界の指導者と見なされ、敵対的な特許付与後手続きでは米国でトップ級の弁護士と認められている。ベーカー氏はWashington Business Journal誌でMinority Business Leaderの1人にも選ばれている。

▽オブロンについて
オブロンはほぼ50年間にわたりクライアントを支援している米国最大の知的所有権法律事務所の1つである。オブロンが擁する110人超の法律専門家は、世界の複数の大手イノベーター企業に知的所有権に関する総合的なサービスを提供している。本部は米特許商標庁(USPTO)のすぐ近くにあり、日本の東京に事務所を置いている。

ソース:Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, L.L.P.

▽問い合わせ先
Fatima Virji
1940 Duke Street, Alexandria, VA 22314
+1 (703) 412-7021
fvirji@oblon.com


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです