メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

会いたい・2017年夏/8 小松左京さん 「沈没後」の日本人問う

小松左京さん

小松左京さん 小説家(2011年死去、享年80)

 今年初め、文芸春秋電子書籍編集部のスタッフはインターネット上にこんな書き込みがあるのを見つけた。「トランプ政権の誕生を予言していたんじゃないか?」。小松左京さんが1977年に発表した短編小説「アメリカの壁」(文芸春秋)を読んだ反応だった。

 小説は「輝けるアメリカ」「美しいアメリカ」とのスローガンを掲げた孤立主義者のモンローという名の大統領が登場する。白い霧の「壁」をつくり出すことでアメリカは外の世界との交通、通信が遮断されるという物語だ。不法移民の流入を阻止する目的でメキシコとの国境に壁を築くことを選挙公約に掲げ、「アメリカ・ファースト」を訴える現代のトランプ大統領の姿と重なる。同社は今年2月、この作品を電子書籍として緊急発売した。「今読んでおくべき作品」などと話題になった。

 「モンロー主義」を取るなど対外的に閉鎖的になりがちな米国の本質を小松さんは鋭く突いていた。コアなフ…

この記事は有料記事です。

残り2473文字(全文2890文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです