メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村吉右衛門 「江戸」へいざなう芝居を 初代顕彰「秀山祭大歌舞伎」で2役

中村吉右衛門さん=東京都千代田区で2017年8月7日、根岸基弘撮影

 初代吉右衛門を顕彰する10回目の「秀山祭大歌舞伎」が9月の東京・歌舞伎座で上演される。初代の養子で孫の当代は、大役2役に挑む。

 「初代の演出、型を、皆さんにご覧いただき、いいものだと思っていただくことが目的です」

 昼が「極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)」の長兵衛。町奴の頭目で旗本奴の水野十郎左衛門と村山座で対立。水野に呼び出され、死を覚悟して相手の屋敷に出かける。

 作品との関わり始めは長兵衛の息子の長松役。7歳になる年で長兵衛は初代であった。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです