メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村吉右衛門 「江戸」へいざなう芝居を 初代顕彰「秀山祭大歌舞伎」で2役

中村吉右衛門さん=東京都千代田区で2017年8月7日、根岸基弘撮影

 初代吉右衛門を顕彰する10回目の「秀山祭大歌舞伎」が9月の東京・歌舞伎座で上演される。初代の養子で孫の当代は、大役2役に挑む。

 「初代の演出、型を、皆さんにご覧いただき、いいものだと思っていただくことが目的です」

 昼が「極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)」の長兵衛。町奴の頭目で旗本奴の水野十郎左衛門と村山座で対立。水野に呼び出され、死を覚悟して相手の屋敷に出かける。

 作品との関わり始めは長兵衛の息子の長松役。7歳になる年で長兵衛は初代であった。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1198文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです