メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後72年の表現者たち

/3 小田原のどかさん(85年生まれ、美術家) 公共彫刻のあり方を問う

 戦後間もなく、長崎市の爆心地、今の平和公園に一本の巨大な矢が突き刺さった。矢羽根の形をしたこのモニュメントは、原爆が落とされた「まさにここ」を指し示す標柱だった。東京在住の美術家、小田原のどかさん(31)は矢形標柱を「戦後日本の野外彫刻の起点」と捉え、それをモチーフに立体を制作している。「彫刻がいかに歴史に左右されてきたのか、知らない彫刻家もいる。戦争と彫刻の関わりを今改めて検証する必要がある」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1456文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ「認めます」
  4. 財務省 森友交渉記録、国会に提出 理財局次長が陳謝
  5. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]