メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後72年の表現者たち

/3 小田原のどかさん(85年生まれ、美術家) 公共彫刻のあり方を問う

 戦後間もなく、長崎市の爆心地、今の平和公園に一本の巨大な矢が突き刺さった。矢羽根の形をしたこのモニュメントは、原爆が落とされた「まさにここ」を指し示す標柱だった。東京在住の美術家、小田原のどかさん(31)は矢形標柱を「戦後日本の野外彫刻の起点」と捉え、それをモチーフに立体を制作している。「彫刻がいかに歴史に左右されてきたのか、知らない彫刻家もいる。戦争と彫刻の関わりを今改めて検証する必要がある」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです