メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り

期間中人出、123万人 実行委 /徳島

桟敷席を撤去する作業員ら=徳島市南内町1の南内町演舞場で、大坂和也撮影

 4日間にわたり熱演が繰り広げられた徳島市の阿波踊りから一夜明けた16日、各演舞場の桟敷の撤去作業が始まった。阿波おどり実行委員会によると、期間中の人出は昨年と同じ123万人。うち県外客は約63万人(前年約60万人)、県内客は約60万人(同63万人)だった。

 実行委によると、4日間の人出の内訳は、12日が35万人(前年35万人)▽13日が35万人(同30万人)▽14日が29万人(同28万人)▽…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです