メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

15年イラン核合意 空爆回避、交渉担う 外交の裏、モサド工作

 「自衛」のための先制攻撃を国防理念に掲げるイスラエル。ネタニヤフ首相は、2015年7月の主要6カ国(米英仏中露独)とイランとの核合意を「弱腰」と酷評し、先制攻撃も辞さない強硬姿勢を強調してきた。だが現場では、首相直轄の諜報(ちょうほう)機関モサドがイラン核開発妨害のための「5正面作戦」を策定。米国と連携して空爆回避を目指し、交渉への地ならしを図っていた。関係者らが明かす当時の状況は、外交を支えるインテリジェンス(諜報活動)のダイナミズムと未来戦争の形を浮き彫りにする。【エルサレム大治朋子】

 「(02~11年当時モサド長官のメイル・)ダガンは米国が参加しない(イスラエル単独の)イラン空爆に…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです