メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

抗日に代わる愛国劇=坂東賢治

 <moku-go>

 戦後72年。記憶の継承が難しいのはどの国も一緒だ。中国では旧日本軍の軍服姿で記念撮影した画像をネット上に投稿する若者が登場し、非難が集まった。中国人観光客がドイツ国会前でナチス式の敬礼をしてドイツ当局に拘束される事件も起きた。

 若者らが写真を撮った場所の一つは日中戦争の激戦地で、愛国教育基地に指定された上海市の博物館だった。中国メディアは「無知で無恥」と批判し、「教え育てるのは家庭、学校、国家、社会の責任だ」(人民日報電子版)と警鐘を鳴らしている。

 日本では中国の愛国教育が「反日」につながっていると指摘されてきたが、経済発展で若者の関心は多様化し…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです