メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報公開とメディア

英国発/上 法に政府「後悔」 新聞と10年裁判も

NPO「情報の自由のための運動」代表のモーリス・フランケルさん

 森友・加計(かけ)両学園や、自衛隊の国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をはじめ「情報公開」が重要な論点になっている。情報公開に関心を持って取材してきた記者は昨年10月から今年7月まで、英国のロイター・ジャーナリズム研究所で当地の情報公開制度とメディアの関係を調査した。英国の制度は日本と似ているが、メディアと政府の攻防の中でもまれてきた。その一方、共通する課題もある。調査結果を3回にわたって報告する。【日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り2308文字(全文2521文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです