メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

電子化で書評変わるか=武田徹

 「ネットギャリー」というサービスが日本でも始まる。ギャリーとは誤植チェック等をする試し刷りのこと。日本では慣用的に「ゲラ」と呼ばれている。

 欧米の出版界は約半年前に書籍の刊行日を定めて宣伝広報戦略を組み立てる。そしてその期間に内容を予告して注文を募ったり、刊行前の最終ゲラを仮とじした見本を書評家に提供したりする。ネットギャリーはこの見本版を電子書籍化して配信、印刷と郵送コストの削減を目指す。

 やはり欧米が先行していたそのサービスを日本に導入したのは、電子書籍制作などを請け負う「出版デジタル機構」(東京都千代田区)だ。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文920文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです