メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

電子化で書評変わるか=武田徹

 「ネットギャリー」というサービスが日本でも始まる。ギャリーとは誤植チェック等をする試し刷りのこと。日本では慣用的に「ゲラ」と呼ばれている。

 欧米の出版界は約半年前に書籍の刊行日を定めて宣伝広報戦略を組み立てる。そしてその期間に内容を予告して注文を募ったり、刊行前の最終ゲラを仮とじした見本を書評家に提供したりする。ネットギャリーはこの見本版を電子書籍化して配信、印刷と郵送コストの削減を目指す。

 やはり欧米が先行していたそのサービスを日本に導入したのは、電子書籍制作などを請け負う「出版デジタル機構」(東京都千代田区)だ。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文920文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです