メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

電子化で書評変わるか=武田徹

 「ネットギャリー」というサービスが日本でも始まる。ギャリーとは誤植チェック等をする試し刷りのこと。日本では慣用的に「ゲラ」と呼ばれている。

 欧米の出版界は約半年前に書籍の刊行日を定めて宣伝広報戦略を組み立てる。そしてその期間に内容を予告して注文を募ったり、刊行前の最終ゲラを仮とじした見本を書評家に提供したりする。ネットギャリーはこの見本版を電子書籍化して配信、印刷と郵送コストの削減を目指す。

 やはり欧米が先行していたそのサービスを日本に導入したのは、電子書籍制作などを請け負う「出版デジタル…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです