メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第63回アマ本因坊戦

囲碁 64人が熱戦 19日開幕

 アマチュア囲碁の最高峰を目指す「第63回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会」が19、20の両日、東京・市ケ谷の日本棋院会館で開かれる。全国47都道府県の大会を勝ち抜いた地区代表55人と、名誉アマ本因坊ら招待選手9人の計64人が出場。第63期アマチュア本因坊の称号をかけて、熱戦を繰り広げる。

 今年も若手の台頭が著しく、地区代表55人のうち10~20代が計22人と4割を占めた。埼玉、宮崎から高校生が出場する一方、広島代表の中浜則明さん(76)、山形代表の後藤勝弘さん(72)らベテランも名乗りを上げた。

 昨年は、学生本因坊戦を制した大関稔さん(22)=専修大3年=が、アマ本因坊戦でも優勝し、史上2人目の同時制覇を果たした。招待選手を含め今年も強豪ぞろいで、混戦が予想される。

この記事は有料記事です。

残り4477文字(全文4817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです