連載

坂村健の目

東洋大情報連携学部(INIAD)の坂村健学部長が科学の視点でつづるコラム。

連載一覧

坂村健の目

AIとの未来描くSF

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏休みということで、今回のテーマは「大人のための推薦図書」。今まさに、人工知能(AI)が新聞記事を書き、ロボットが荷物を運ぶ「SFのような」世界に入ろうとしている。だからこそ、いまSFが面白い。

 アイザック・アシモフのロボットSFから70年以上。SFの世界では、進化しすぎたAIによる単純な「強権支配」などとっくに通り越し、この分野の最近のテーマは「倫理」だ。

 例えば、実験動物の使い捨てが倫理的に許されないなら、自意識を持つに至ったAIを「消去」することは許されるのか。実は、AIの学会でも検討が始まっている先端的なテーマでもある。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1148文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集