メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

AIとの未来描くSF

 夏休みということで、今回のテーマは「大人のための推薦図書」。今まさに、人工知能(AI)が新聞記事を書き、ロボットが荷物を運ぶ「SFのような」世界に入ろうとしている。だからこそ、いまSFが面白い。

 アイザック・アシモフのロボットSFから70年以上。SFの世界では、進化しすぎたAIによる単純な「強権支配」などとっくに通り越し、この分野の最近のテーマは「倫理」だ。

 例えば、実験動物の使い捨てが倫理的に許されないなら、自意識を持つに至ったAIを「消去」することは許されるのか。実は、AIの学会でも検討が始まっている先端的なテーマでもある。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです