残骨灰

横浜市売却に賛否 金属回収「違和感」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横浜市営斎場の一つ、久保山斎場=横浜市西区で、石塚淳子撮影
横浜市営斎場の一つ、久保山斎場=横浜市西区で、石塚淳子撮影

 横浜市は今年度から、市営斎場で火葬後に残る「残骨灰」の売却を始めた。残骨灰には有価金属が含まれるため、リサイクルに新規参入する業者が増えており、残骨灰処理の適正化や啓発活動を進める一般社団法人全国環境マネジメント協会によると、前橋市など20以上の自治体が残骨灰を売却している。しかし、遺灰である残骨灰を“モノ”のように売却することに対し、心情的な面から批判的な意見も根強く、賛否は分かれたままだ。

 残骨灰には副葬品や棺などの燃え殻のほか、遺体内にあった金属製の医療器材なども含まれるため、多くの自治体が専門の処理業者に異物の除去と埋葬を委託している。一方で、治療した歯などに金、銀などの有価金属が含まれ一定の価値がある。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1243文字)

あわせて読みたい

注目の特集