メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

レバノン、「被害者と結婚でレイプ犯免責」法廃止 中東で相次ぐ

 8月16日、レバノン議会はレイプ加害者が被害者と結婚すれば罪を免れることができるとする法律を廃止した。写真は法撤廃を求める団体が芸術家とともに行った吊り下げられたウェディングドレスの展示。提供写真。ベイルートで4月撮影(2017年 ロイター)

 [16日 ロイター] - レバノン議会は16日、レイプの加害者が被害者と結婚すれば罪を免れることができるとする法律の条項を廃止した。

     こうした動きは他のアラブ諸国でもこの数週間相次いでおり、ヨルダンが今月に入り同じような法の抜け穴を廃止したほか、チュニジアでも女性を暴行から保護する法律が可決され、同様の条項を撤廃した。

     エジプトではすでに1999年に廃止され、モロッコでもレイプ加害者との結婚を強いられた16歳の少女が自殺したことなどを受けて2004年に廃止されている。

     レバノンの女性人権団体のDanielle Howayek弁護士は、法律廃止は大きな前進だが、女性を守る国内法整備にはなお道のりは長いと語った。

     国際団体によると、レイプ被害者との結婚で加害者の免罪を今も認める国にはバーレーン、イラク、クウェート、フィリピン、タジキスタンなどがあるという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    3. 3階から屋上に向かう部分で19人が死亡 折り重なるように倒れ 京アニ火災
    4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
    5. 京王線、小田急多摩線が運転見合わせ 沿線で火災

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです