メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

自分らしさ大切に

 「優しそうなお兄ちゃんですね」。9歳年の離れた妹が生まれたとき、病院で看護師さんから言われた一言。短い髪に、半そで半ズボン、男子顔負けの活発さだった私は、まんざらでもなかった記憶がある。しかしあれから12年。今の私は「女の子らしさが足りない自分」について、もんもんと考えてしまう女子大生になっていた。

 私服はいつもパンツスタイル。母や友達には「スカートもはけばいいのに」と言われるが、落ち着くのはやはりズボン。そして男子的な性格。勇気を出して買ってみたスカート

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです