メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「足元を固めつつ、先を見る」。創業者の祖父が、よく口にしていたという。加藤数物製作所(大阪府八尾市)の社長、加藤康司さん(50)は、この言葉を思い浮かべることがある。

 会社の設立は90年前。大型の定規や分度器、コンパスなど、算数・数学や理科の授業で先生が使う教材、教具を作ってきた。子どもも学校のクラスも増え続けた時代は売り上げも堅調だったが、少子化に転じると…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]