メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「足元を固めつつ、先を見る」。創業者の祖父が、よく口にしていたという。加藤数物製作所(大阪府八尾市)の社長、加藤康司さん(50)は、この言葉を思い浮かべることがある。

 会社の設立は90年前。大型の定規や分度器、コンパスなど、算数・数学や理科の授業で先生が使う教材、教具を作ってきた。子どもも学校のクラスも増え続けた時代は売り上げも堅調だったが、少子化に転じると…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです