メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

県立盛岡一高/2 自立と自由の価値知った 精神科医・斎藤環さん /岩手

斎藤環さん

1979年度卒

 若者社会における「ひきこもり」問題の世界的な第一人者で、筑波大教授の精神科医、斎藤環さん(55)=1979年度卒。バンカラな校風と下宿生活で青春を謳歌(おうか)しながら、図書館の自主勉強で難関の医学部受験を現役突破した。高校生活を「自立と自由の価値を知った場所」と話す。【賀川智子】

 自宅の北上市は通学に遠かったので、入学と同時に下宿生活を始めました。入学して驚いたのは、バンカラの雰囲気。ボロボロの帽子に色あせた制服姿の応援団がいばっていて、1年の1学期は応援歌の練習が義務でした。毎朝1時間、整列して歌い、その間を上級生が練り歩いて、声が出ていないと怒鳴りあげる。当時ですらアナクロニズム(時代錯誤)な風習でした。

 一度だけその練習が役立ったことがあります。2年の時、野球部が甲子園に出場し、応援に行きました。初戦…

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2177文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです