特別支援学校講師自殺

遺族ら「第三者調査を」 県教育長に申し入れ /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立郡上特別支援学校の講師だった男性(当時24歳)の自殺が公務災害と認定された問題で、男性の母親(54)らが17日、原因究明の調査が第三者によって行われていないとして、松川礼子教育長に是正を申し入れた。

 記者会見した水野幹男弁護士によると、県教育委員会が進めている「第三者による調査」では、男性講師…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集