大山崎町

3度目条例案提出へ 都市計画税導入目指し /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大山崎町は17日、2018年度からの都市計画税導入に向けて、23日開会の定例町議会に条例案を提出することを明らかにした。土地や家屋の固定資産税評価額の0・1%が課税され、年間約1億円の税収を見込んでいる。

 都市計画税は、道路や公園、水道などの整備のため、自治体が上限0・3%の範囲内で独自に税率を定…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集