日米2プラス2

日米同盟、抑止力を強化 対北朝鮮「核の傘」継続

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日米2プラス2開始を前に握手する(左から)小野寺防衛相、河野外相、米国のティラーソン国務長官、マティス国防長官=ワシントンで17日、ロイター
日米2プラス2開始を前に握手する(左から)小野寺防衛相、河野外相、米国のティラーソン国務長官、マティス国防長官=ワシントンで17日、ロイター

 【ワシントン秋山信一】日米両政府は17日午前(日本時間同日夜)、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)をワシントンで開いた。協議の成果を盛り込んだ文書「2プラス2共同発表」では、北朝鮮の核・ミサイル開発に対し、日米同盟の抑止力・対処力を強化して対応する方針で一致。米国が日本に対し「核の傘」を提供し続けることも確認する。

 日米2プラス2の開催は約2年4カ月ぶりで、トランプ政権下では初。日本側は河野太郎外相、小野寺五典防衛相が、米側はティラーソン国務長官、マティス国防長官が出席した。安倍晋三首相とトランプ大統領は5月の首脳会談で「防衛体制と能力の向上を図るための具体的行動」をとることで一致しており、ミサイル防衛や宇宙、サイバーなどでの同盟強化策について議論したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集