メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省

イージス、陸・海で運用 迎撃システム、宇宙監視も強化 18年度概算要求

 【ワシントン秋山信一】防衛省は、弾道ミサイルを大気圏外で迎撃する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を陸上に置く新システム「イージス・アショア」の導入を決めた。ミサイル発射警戒のため洋上に張り付いてきた海上自衛隊のイージス艦の柔軟な運用が可能になる。2018年度予算案の概算要求に盛り込む。

 イージス・アショアは1基700億~800億円とされる。概算要求では金額を明示しない「事項要求」にとどめ、年末の予算編成時に基本設計費を計上する予定だ。イージス艦を洋上に展開する必要がある海上型と異なり、陸上型は常時配備が可能なことから、迎撃態勢の強化を図る。

 イージス・アショアは、現在の「防衛計画の大綱」(防衛大綱)や「中期防衛力整備計画」(中期防)には明…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  3. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  4. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです