メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「保育所のリアル」 理想と現実=鳴海崇(生活報道部)

散歩先の広場でシャボン玉を使って遊ぶグローバルキッズ春日園の保育士と園児たち=東京都文京区で4月17日、鳴海崇撮影

保育士 もっと社会的評価を

 「にぎやかで楽しそう。でも、どこか陰がある」。東京都文京区の認証保育所「グローバルキッズ春日園」に足を踏み入れた今年春、私は漠然とした違和感を抱いた。15回にわたり連載した「ドキュメント・保育所のリアル」(5月23日~6月13日の朝刊掲載)の舞台として選んだ、保育の最前線。その密着を終えて見えた「陰」の正体は、疲弊をやりがいでカバーしている保育士たちの「声なき叫び」だった。

 春日園は当時13人体制で、0~3歳児を計34人受け入れていた。東京ドームの近くにあるマンション1階…

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです