メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/2 沈黙の空爆、米が暴露

イスラエルが空爆した後のシリアの核施設の空撮写真(撮影日不明)=ホワイトハウス提供・ロイター

 「与えられた時間は数日だった。資料を夜通し読み、(シリアで極秘に建設されている)その施設は北朝鮮北西部・寧辺(ニョンビョン)にあるのと同種の原子炉だと首相に答申した」。イスラエル首相直轄の「国家安全保障会議」元議長、アミドロル氏が振り返る。2007年夏、オルメルト・イスラエル首相は諜報(ちょうほう)機関が収集した写真や分析を検討。アミドロル氏を筆頭とする元軍幹部ら4人に諮問し、核施設の存在を確信したという。

 シリアのアサド大統領は00年ごろから北朝鮮に接近。朝鮮労働党指導部メンバーがシリアを訪ね、核技術の売却を協議したとされる。イスラエルは03年、衛星写真でシリア東部デリゾールにある不審な建造物を確認。アサド氏は情報のオンライン管理を回避し、文書をバイクで運ぶなどローテク情報管理を徹底していたため、「04~05年ごろ、北朝鮮の約300人がいるのを確認したが、何をしているのか分からなかった」(イスラエ…

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです