メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
豚肉を煮て、ハンバーグを焼きながらスープにとき卵を投入する曽原絵理子さん

 高校生から自宅を出て1人暮らしを始めても、まったく料理をしてこなかった私。今年で結婚10年。台所を任せられっぱなしの妻が、家事代行サービスの利用を促してきた。

 ●共働きの助けに

 「どうしても料理が好きになれない」。妻の口癖だ。「みそ汁、ハンバーグ、筑前煮となかなかうまいよ。レパートリーが増えてきたし、子どもたちはいつも争奪戦だし」と、いくらほめてみても響かない。休日のたびに妻は「暇なら夕食を作れ」と圧力をかけてくる。炒めるくらいなら俺だって。スクランブルエッグ。キャベツにしょうゆ、鶏肉と野菜は甘めのつゆでジューッ。「豪快なのが男の料理」とうそぶくが、やはり長続きしない。あきれた妻が「思い切って外注という手がある。少しはテクニックも盗めるんじゃないか」と家事代行サービスを提案してきた。ネット広告で見た「タスカジ」だ。

 ホームページ(https://taskaji.jp)でユーザー登録を済ませ、代行してくれるハウスキ…

この記事は有料記事です。

残り2106文字(全文2519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです