メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚肉を煮て、ハンバーグを焼きながらスープにとき卵を投入する曽原絵理子さん

 高校生から自宅を出て1人暮らしを始めても、まったく料理をしてこなかった私。今年で結婚10年。台所を任せられっぱなしの妻が、家事代行サービスの利用を促してきた。

 ●共働きの助けに

 「どうしても料理が好きになれない」。妻の口癖だ。「みそ汁、ハンバーグ、筑前煮となかなかうまいよ。レパートリーが増えてきたし、子どもたちはいつも争奪戦だし」と、いくらほめてみても響かない。休日のたびに妻は「暇なら夕食を作れ」と圧力をかけてくる。炒めるくらいなら俺だって。スクランブルエッグ。キャベツにしょうゆ、鶏肉と野菜は甘めのつゆでジューッ。「豪快なのが男の料理」とうそぶくが、やはり長続きしない。あきれた妻が「思い切って外注という手がある。少しはテクニックも盗めるんじゃないか」と家事代行サービスを提案してきた。ネット広告で見た「タスカジ」だ。

 ホームページ(https://taskaji.jp)でユーザー登録を済ませ、代行してくれるハウスキ…

この記事は有料記事です。

残り2106文字(全文2519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです