特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第99回全国高校野球

大阪桐蔭2-1智弁和歌山 大阪桐蔭、読む堅守

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【智弁和歌山-大阪桐蔭】七回表智弁和歌山2死二塁、森本の内野安打で大星が本塁を狙うが三本間でタッチアウトに(捕手・福井、野手・山田)=藤井達也撮影
【智弁和歌山-大阪桐蔭】七回表智弁和歌山2死二塁、森本の内野安打で大星が本塁を狙うが三本間でタッチアウトに(捕手・福井、野手・山田)=藤井達也撮影

第9日(17日・阪神甲子園球場)

 ○…2回戦…○

 午後0時2分開始(観衆4万7000人)

智弁和歌山(和歌山)

  000100000=1

  10000010×=2

大阪桐蔭(大阪)

 大阪桐蔭が守り勝った。先発・徳山は12安打を許すも、好守にも助けられ1失点完投。打線は一回に根尾の中前打で先制。同点の七回、右翼線二塁打の泉口を犠打と暴投で還して勝ち越した。智弁和歌山は四回に黒川の二塁打と冨田の適時打で追いついたが、走塁ミスなど拙攻が多く、六回途中1失点の黒原を援護できなかった。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1186文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る