iPS細胞

不妊マウスの治療に成功 京大など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大大学院医学研究科や英国の研究所などの共同研究チームは17日、性染色体に異常がある不妊症の雄マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)で生殖細胞を作り、健康な子を誕生させることに成功したと発表した。不妊の治療法開発の可能性を示す成果。

 一般的に哺乳類の性染色体は2本で、雄がXY、雌がXXという型を…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

あわせて読みたい

注目の特集