メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi家電

ここまで「らしくない」石油ファンヒーターがあったのか! 自信満々で「消臭宣言」を発したダイニチ最上位モデル(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ダイニチ工業は8月21日(月)より、 「秒速消臭システムプレミアム」 などの新機能を搭載した石油ファンヒーター、SDRタイプ3機種を発売します。実売予想価格は、木造10畳/コンクリート13畳用のFW-3717SDRが3万6500円前後(税込・以下同)、木造12畳/コンクリート17畳用のFW-4717SDRが4万2900円前後、木造15畳/コンクリート20畳用のFW-5717SDRが4万7300円前後です。

 

40秒という短時間で着火し、消火時のニオイは40%減少

↑FW-3717SDRはスノーホワイト(左)、オータムレッド(中)、コズミックブルー(右)の3色を用意 【SPEC】(FW-3717SDR)●サイズ/質量:W438×H445×D349/7.7kg●暖房の目安:木造(戸建)10畳まで、コンクリート(集合)13畳まで●タンク容量:9.0L●暖房出力:3.30~0.74kW●燃料消費量:0.360~0.072L/h●燃焼継続時間(大火力~小火力):25.0~125.0時間↑FW-3717SDRはスノーホワイト(左)、オータムレッド(中)、コズミックブルー(右)の3色を用意 【SPEC】(FW-3717SDR)●サイズ/質量:W438×H445×D349/7.7kg●暖房の目安:木造(戸建)10畳まで、コンクリート(集合)13畳まで●タンク容量:9.0L●暖房出力:3.30~0.74kW●燃料消費量:0.360~0.072L/h●燃焼継続時間(大火力~小火力):25.0~125.0時間

 

SDR タイプは 「W エコプラス」 や 「除菌ステンレスフィルター」 などプレミアム機能を搭載した同社の最上位モデルです。今回の新製品は、ユーザーの 「もっとニオイが少ないものを」 という要望を受け、「消臭宣言」をテーマに掲げているのが特徴。新開発の「秒速消臭システムプレミアム」 を搭載し、従来よりもバーナーの高温時間を長くすることで燃え残ったガスを燃やし切り、 消火時のニオイを従来比で約40%も減らすことに成功しました。

20170817-s4-(9)

↑↑消臭システムの仕組み。ガスの噴射を瞬時に遮断するとともに(写真下)、ファンが大量の風を送り込み、バーナーが温度を上げることで未燃ガスを燃やし切ります(写真上)

 

このほか、 暗い部屋で液晶部のまぶしさを感じる際、明るさを軽減できる 「減光セレクト」、 運転延長のお知らせ時間を選べる 「延長セレクト」 など、便利な機能も新たに搭載しています。

↑「eco」ボタンを長押しすると↑「eco」ボタンを長押しすると、液晶の明るさを軽減する「減光セレクト」機能

 

40秒のスピード着火や9Lの大容量タンク、タンクの「Wとって」や、8段階でわかりやすい油量計などの便利な機能はそのままに、より使いやすく改良されています。ツートンカラーのシンプルなデザインもポイント。もともと石油ファンヒーターは暖房能力には優れているわけですから、臭くないし、すぐ着火してデザインもオシャレと、あらゆる弱点を克服した本機は極めて魅力的に映ります。この冬は、いい意味で石油ファンヒーター「らしくない」モデルで、快適に暖を取るのもアリではないでしょうか。

↑↑「Wとって」付きで9Lの大容量タンクも両手で運ぶことができます

 

【関連記事】
男のギラギラした感情を呼び起こす!? 天然木材をグリップに使用した8万円の高級シェーバー
コレなら石油ファンヒーターもいいんじゃない? ニオイをカットし音量も選べる2万円台の小型モデルが登場
便利さはもはや「ひみつ道具」レベル!? 衝撃デビューの自動調理鍋「クックフォーミー」が時短レシピを大幅強化
この発想は新しい――スマホを見ながら髪を乾かせるアイリスオーヤマ「置き型ドライヤー」が便利そう
「ルンバの邪魔者」はオマエだったのか……! Wi-Fiに全ラインナップ対応の「ルンバ」でできること

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです