カワウソ発見

動物園関係者「希少動物守るきっかけに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発見されたカワウソについて記者会見で説明する琉球大の伊沢雅子教授(右)=環境省で2017年8月17日午前10時34分、佐々木順一撮影
発見されたカワウソについて記者会見で説明する琉球大の伊沢雅子教授(右)=環境省で2017年8月17日午前10時34分、佐々木順一撮影

 長崎県・対馬で野生のカワウソを撮影したと、琉球大の伊沢雅子教授(動物生態学)が17日、発表した。野生下での撮影は、1979年に高知県須崎市でニホンカワウソが撮られて以来38年ぶり。

       ◇

 38年ぶりの野生カワウソの発見に対し、関係者からは喜びの声が上がった。ユーラシアカワウソの雌「ホシ」を飼育する宮崎市フェニック…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集