メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS

不妊マウスから赤ちゃん 京大など成功

不妊マウスからのiPS細胞で赤ちゃんマウス誕生の実験イメージ

 京都大大学院医学研究科や英国の研究所などの共同研究チームは17日、性染色体に異常がある不妊症の雄マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)で生殖細胞を作り、健康な子を誕生させることに成功したと発表した。不妊の治療法開発の可能性を示す成果。論文が米科学誌サイエンスのオンライン版で公開された。

 一般的に哺乳類の性染色体は2本で、雄がXY、雌がXXという型をしている。ただ、まれにXXYやXYYといった3本の性染色体を持つ雄が生まれ、精子が作れず、子供ができないことが多い。

 研究チームは今回、3本の性染色体を持つ雄からiPS細胞を作製。すると、余分な1本が抜け落ち、正常な…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです