メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルゼンチンアリ

確実に根絶 国環研など、駆除期間の計算法開発

特定外来生物のアルゼンチンアリ=坂本佳子・国立環境研究所研究員提供

 南米原産の外来生物「アルゼンチンアリ」を特定の地域で根絶させる手法を世界で初めて確立したと、国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)などが発表した。駆除期間を計算で的確に設定するもので、国内各地で確認が相次いでいるヒアリが定着した場合に同じ手法を応用できるという。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 アルゼンチンアリは国内では1993年、広島県廿日市市で定着が初めて確認され、西日本を中心に分布が拡…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです