メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

バルセロナテロ 車で凶行、対策難題 欧州で模倣頻発

 スペインのバルセロナなど2都市で起きたテロ事件は、車を使った無差別テロを防ぐ難しさを改めて浮き彫りにした。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出したが、容疑者との具体的なつながりは不明。仮にISによるテロだとすれば、イラクやシリアで劣勢に立たされる中、衰えぬ戦闘力を誇示する狙いが考えられる。

 「ニース、ベルリン、ロンドンなどの隣人は、バルセロナの人々と同様の苦しみを受けた。世界から連帯を伝…

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです