連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

黒田さん、何をしてきたの?=回答・横山三加子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

脱デフレが目標 異次元緩和実施

 なるほドリ 日銀総裁(そうさい)の黒田東彦(くろだはるひこ)さんの任期があと半年ほどなんだね。これまでどんなことをしてきたの?

 記者 黒田総裁は2013年3月に総裁に就任しました。景気低迷の要因となっていたデフレから脱却するために打ち出したのが、日銀が銀行などから国債(こくさい)を買って世の中に出回るお金の量(マネタリーベース)を増やそうとする量的緩和策です。年間60兆円という世界で例の無い規模だったため「異次元(いじげん)緩和」と呼ばれました。2%の物価上昇を2年程度で達成する目標も掲げサプライズを演出した結果、円安・株高が進み、企業業績も回復したことから「黒田バズーカ」と言われました。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1392文字)

あわせて読みたい

注目の特集