メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

澤田瞳子さん(作家) 『腐れ梅』で新境地 下世話に語る人間臭い物語

 人気絵師に迫った『若冲』(2015年)で注目を集めた新鋭、澤田瞳子さんの新作『腐れ梅』(集英社)が刊行された。時は平安、菅原道真を祀(まつ)る社造りを画策する似非巫女(えせみこ)たちを下世話に描き出色の出来。なにせ書き出しが<--ほとがかゆい>。猥雑(わいざつ)な庶民のエネルギーあふれる世界を作りあげた。

 「どういう雰囲気で書こうかと思ったとき、欲望みなぎるピカレスクロマン(悪漢小説)にしたかった」とい…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1257文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]