メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長部日出雄の映画と私の昭和

「昭和残〓(きょう)伝 死んで貰います」(日本・1970年)

待ってました、健さん!

 観客動員数が大幅に減少した昭和45(1970)年に意地を見せたのが高倉健の主演映画だ。「新網走番外地」の「大森林の決斗(けっとう)」と「吹雪のはぐれ狼」、「昭和残〓伝(しょうわざんきょうでん) 死んで貰(もら)います」の3本が、年間配給収入ランキングの5位、6位、7位に顔を揃(そろ)えた。

 高倉健はこの5年前に封切られた石井輝男監督「網走番外地」で一気に大スターの座に駆け上った。手錠でつ…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです