メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀総裁

異次元緩和強気、出口は遠く

日銀の物価上昇シナリオには目詰まりが目立つ

 日銀の黒田東彦総裁は毎日新聞のインタビューで、4年以上にわたる大規模金融緩和の成果を改めて強調し、副作用の懸念に反論した。だが、2%の物価上昇目標の達成が見通せないまま際限なく国債買い入れが膨らみ、出口政策がさらに困難になることへの不安は高まっている。総裁の任期切れまで半年余り。正常化への道筋は見えないままだ。【坂井隆之、松本尚也】

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文1966文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 自民・杉田議員 「生産性がない」寄稿 先輩議員が擁護と投稿 LGBT支援団体は抗議 
  5. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]