メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀総裁

異次元緩和強気、出口は遠く

日銀の物価上昇シナリオには目詰まりが目立つ

 日銀の黒田東彦総裁は毎日新聞のインタビューで、4年以上にわたる大規模金融緩和の成果を改めて強調し、副作用の懸念に反論した。だが、2%の物価上昇目標の達成が見通せないまま際限なく国債買い入れが膨らみ、出口政策がさらに困難になることへの不安は高まっている。総裁の任期切れまで半年余り。正常化への道筋は見えないままだ。【坂井隆之、松本尚也】

 「今、最大限努力しているところだ」。インタビューで2%の物価目標達成が遅れていることについて問われた黒田総裁はこう釈明した。2013年4月の異次元緩和開始当初、「2年程度を念頭に」と年限を示して目標達成を公約し、「物価は日銀が責任を持つ」と大見えを切ったが、物価上昇率は今も0%台にとどまる。

 一方で「物価が持続的に下落する状況は、この3年半くらいない」と成果も強調。目標を達成できない理由について、企業がパートの賃金を引き上げる一方、正社員の賃上げには慎重なことや、人件費が増えても商品価格を抑える努力を続けていることを挙げた。そのうえで、「こういう状況はいつまでも続かない。いずれ(正社員を含めて)賃金が上がり、価格にも転嫁される」と今後の物価上昇に強気の姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです