メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都おも城歩き

/11 福知山城 福知山市 光秀支配、伝える転用石 /京都

福知山城の大天守閣の石垣に多用されている転用石=京都府福知山市で、礒野健一撮影

 福知山市役所の東、市内を一望する丘の上に福知山城は建つ。天守閣は1986年に復元されたものだが、石垣は築城当時の様子を色濃く残す。

 16世紀前半に丹波の豪族・塩見氏によって築かれた横山城を落とした明智光秀が、1579年ごろ、同地に近世城郭として新たに築城し、名も福知山と改めた。82年の本能寺の変の後、87年から豊臣秀吉の重臣の小野木重勝が治めたが、関ケ原の戦いで西軍について敗れると有馬氏が入った。その後短期間に岡部氏、稲葉氏、松平氏と城主は変わり、1669年に朽木氏が入ると、明治維新まで13代約200年間、福知山の領主となった。

 天守台の石垣には面白い特徴がある。刻まれた銘まではっきりとわかる宝篋印塔(ほうきょういんとう)や五…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文755文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです