メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

原発廃止措置計画って? /島根

廃炉作業が始まった島根原発1号機の内部=松江市鹿島町片句で、長宗拓弥撮影

2045年度までに終了予定 廃棄物18万トン、費用381億円

 中国電力は7月28日、島根原発1号機(松江市)の廃炉作業に着手した。原子炉など全ての設備の撤去を2045年度までと見込んでいる。5年後には、本格的な解体工事に入る。中国電が廃炉工程を示す廃止措置計画は順調に進むのか。

 なるほドリ 廃止措置計画って何?

 記者 運転を終えた原発の原子炉や使用済み核燃料を取り出し、全ての施設を解体撤去するまでの過程です。

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです