特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

野球

古田昌幸杯社会人・大学交流戦 社会人が貫禄勝ち 選抜チームで対戦 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊迫の投手戦が展開された古田杯
緊迫の投手戦が展開された古田杯

 第7回古田昌幸杯県社会人・大学野球選抜交流戦が19日、熊本市中央区の藤崎台球場であった。社会人と大学の選抜チームが対戦し、白熱の投手戦の末、社会人が2-1でサヨナラ勝ちした。

 社会人は▽ホンダ熊本▽鮮ど市場ゴールデンラークス▽九州工科自動車専門学校▽八代レッドスター、大学は▽東海大九州▽崇城大▽熊本大▽熊本学園大--からそれぞれ選抜された選手で構成。

 試合は0-0の緊迫した展開から八回、社会人が1点を奪って均衡を破ったが、大学も九回1死一、三塁と粘り、内野ゴロの間に同点に追いついた。しかし社会人が九回裏、2死三塁から持永健太朗選手(ホンダ熊本)の中前適時打で試合を決めた。持永選手は「詰まったが、飛んだ所が良かった。気持ちで運んだ」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文508文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る