メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・仲代達矢さんの覚悟(その1) 反戦劇、84歳の集大成

「肝っ玉おっ母と子供たち」への意気込みを語る仲代さん=無名塾で、手塚耕一郎撮影

 東京・世田谷の閑静な住宅街にたたずむ堅固なレンガ造りの建物。俳優・仲代達矢さん(84)率いる「無名塾」の稽古(けいこ)場「仲代劇堂」は緊張と熱気に包まれていた。

 今回の舞台の稽古初日を迎えた7月24日。「“大反戦劇”を作って死んでいきたい」。常々口にしている仲代さんが選んだのは、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの「肝っ玉おっ母と子供たち」。戦争に3人の子供を次々と奪われながら軍隊相手に商売を続けていく母親を演じる。「ブレヒトは戦争反対とは言っていないけど、戦争の愚かさを突いている作品。生涯にどうし…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです